タクシー運転手って、実は意外と稼げるんです。


by nqm3u0ycmn

カテゴリ:未分類( 54 )

 厚生労働省は2月9日、「2008年社会福祉施設等調査結果の概況」を発表した。それによると、有料老人ホームの数は前年比で27.3%増加し、3400施設となった。

【有料老人ホームの施設数・定員・在所者数の年次推移詳細】


 調査は全国の社会福祉施設などの施設数や在所者、従事者の状況を把握するもので、08年10月1日に実施された。老人関連施設では、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホームなどが対象で、特別養護老人ホームや老人保健施設などは含まれない。
 調査結果によると、有料老人ホームの施設数は3400施設で、前年に比べ729施設、27.3%の増加となったほか、在所者数も14万798人で同2万6225人(22.9%)増加するなど、著しい増加を示している=グラフ=。
 有料老人ホームの従事者数(常勤換算)も、08年は7万4321人で、03年に2万683人だったのが毎年1万人前後の伸びを示している。


【関連記事】
高齢者の住まいの在り方はどう変わるか―高齢者居住安定確保法改正
ケア付き賃貸住宅、5年で6000戸を−都PTが報告書
特養待機者が約42万人−施設整備の遅れが原因か
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省
介護予防通所事業所が2万超に−07年施設・事業所調査

目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明−秋葉原殺傷第3回公判・東京地裁(時事通信)
触った相手は女性警官、痴漢容疑で現行犯逮捕(読売新聞)
<岐阜市長選>現職の細江茂光氏が4選果たす(毎日新聞)
<参院代表質問>首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)
予算案、26日衆院通過目指す=与党(時事通信)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-12 03:40
 長期療養が続く皇太子妃雅子さまについて、宮内庁東宮職は5日、「治療開始以降、病状は大きく改善している」とした上で、「活動の幅をさらに大きく広げるまでには、さらなる時間が必要」とする医師団の見解を明らかにした。 

告訴状に虚偽の日付記入、警部補書類送検…千葉(読売新聞)
東国原知事の公用EV、太陽光発電で動かす(読売新聞)
盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)
高速無料「恩恵は地方だけ」 都市住民には実質値上げ?(J-CASTニュース)
<消費者庁>地方消費者行政推進本部を設置(毎日新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-11 01:58
 山口刑務所(山口市)は6日、20代の男性被告が独居房で首をつり死亡したと発表した。自分の荷物を入れる布製バッグの中から「世話になった」と記した家族あての遺書が見つかり、自殺とみられるという。
 同刑務所によると、午後1時ごろ、男性が敷布団のシーツを窓の鉄格子に掛けて輪を作り、首をつっているのを巡回中の刑務官が発見。病院に搬送したが、午後3時15分ごろ死亡が確認された。
 同刑務所では約15分ごとに巡回を実施。直前の巡回時は昼休み中で、男性は布団の上で横になっており、特に異常には気付かなかったという。 

北日本と東日本、7日にかけ大雪・強風予想(読売新聞)
<殺人未遂容疑>サンタ姿で暴行、放火 43歳の男を逮捕(毎日新聞)
千葉県警の不正経理、新たに4億2100万円(読売新聞)
「作品に大きな啓発力」=故平山郁夫さんのお別れの会(時事通信)
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ(産経新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-10 03:26
 8日午前7時20分ごろ、茨城県小美玉市羽鳥の市道で、集団登校していた市立羽鳥小学校の児童の列に乗用車が突っ込んだ。

 小美玉市消防本部によると、この事故で6〜12歳の男女児童5人がいずれも打撲などの軽傷。また事故の連絡を受けて駆けつけた児童の母親(44)が、ショックによる急性ストレス障害で病院に搬送された。

 県警石岡署は同日、自動車運転過失傷害の現行犯で、車を運転していた警備員、萩原孝雄容疑者(67)を逮捕した。現場は緩いカーブでセンターラインがない道路だった。同署で事故の詳しい原因を調べている。

 同小の小堀常雄校長によると、5人が歩道のない道路の路側帯を歩いて登校していたところ、車が列の正面に突っ込んできたという。小堀校長は「軽傷で済んだのが不幸中の幸い」と話している。

【関連記事】
登校の小学生の列に車、女児4人けが 佐賀
車接触、集団登校の4人軽傷 福島県相馬市
ごみ収集車に小1ひかれ重傷 愛知・半田市
登校中の列に車、児童ら2人重軽傷 高松
平穏な町になぜ防犯カメラ 東松島市、住民意識の高さからモデル地区

大雪と強風 新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響 (毎日新聞)
<北極振動>気象予想のかく乱要因 2月東日本、異例の修正(毎日新聞)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)
三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞)
【科学】強度こんにゃくの500倍 東大が水分98%の新物質開発(産経新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-09 09:23
 意外に知らないヨソの家のこと。寝るときに使うシーツを洗濯しないでいつまで使えるか、「ガマンの限界」を聞いてみました。

 30代は「1カ月まで」が最多で31.6%なのに対し、50代のトップは「1週間まで」で39.4%。「2カ月以上」と回答した人は30代が17.2%に対し、50代は3分の1以下の5.6%にとどまりました。若い世代の方が清潔感の許容範囲が広く、年代が高いほどキレイ好きのようです。

 ★「2カ月以上」派の理由

・布団自体を干せばカビも防げる(33歳)

・お風呂に入った後に寝ているからキレイだという考え(22歳)

 ★「1日まで」派の理由

・主人が寝汗をかいて、くさいと感じるので(61歳)

・寝ている間にかいている汗の量を想像してしまうと、気持ち悪くて眠れない(45歳)

                   ◇

 女性のための生活情報紙・リビング新聞WEB(えるこみ)アンケートから。2009年12月3〜6日実施、有効回答数1462

【関連記事】
主婦が予想、今年の家庭と収入は「平年より下」
“エロ面白い”女子にウケる「昭和のエロス」
着物を見直す兆し 平成の「リアルクローズ」に
主婦が好きなワイドショー司会者は? 宮根誠司がダントツ
環境家計簿 子育て世代中心に人気 身近に感じるCO2排出

2連敗の清水名人、切り替えに必死…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
木嶋容疑者「すりばち」から睡眠導入剤(スポーツ報知)
<法人税法違反容疑>「カネは返すな!」の八木被告再逮捕(毎日新聞)
明石歩道橋事故で“検察官役”に3弁護士を選任 神戸地裁(産経新聞)
小沢氏続投で摩擦も=「不起訴処分」には安堵−民主(時事通信)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-08 15:34
 県立高校の卒業式や入学式で国歌斉唱時に起立しない教職員の名前などを神奈川県教委が収集していることに、第三者諮問機関から「不適」答申が出ている問題で、同教委は2日、今後も情報収集を継続することを同日の定例会で決めた。

 同教委は2006年春から教職員名などを校長に報告させているが、第三者諮問機関の県個人情報保護審査会が07年10月に「不適」と答申。別の諮問機関も08年1月に同趣旨の答申をし、個人情報保護審査会が先月20日に再度、是正を求める答申を出していた。

 定例会では、「学習指導要領に沿って生徒に国歌を尊重する姿勢を身に着けさせる観点から、起立しない教職員を指導する必要がある」などの意見が教育委員から出され、全会一致で収集継続が決まった。

 先月の審査会答申は、08年春の式典に関するもので、教職員19人が県教委に情報のデータ消去を拒否され、異議を申し立てていた。答申では「思想信条に該当する情報に当たり、県個人情報保護条例違反」とし、「県教委は(データ消去を拒否した)決定を取り消すべき」としていた。

日中歴史共同研究 日本側「苦渋の譲歩」中国側、繰り返し圧力(産経新聞)
<鳩山首相>小沢氏事件捜査「冷静に見守る」(毎日新聞)
<大荒れ天気>留萌、石狩北部に暴風雪警報(毎日新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
<鳩山首相>政倫審への出席、小沢幹事長に委ねる(毎日新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-07 16:44
 大相撲の横綱朝青龍が酒に酔って飲食店関係者を殴りけがを負わせたとされる問題で、朝青龍側が警視庁麻布署に、被害者の知人男性と示談したとする報告をしていたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁は、被害者側からも報告を受け、正式に示談が成立したか確認した上で、朝青龍や男性から任意で事情聴取するか検討する。同署は同日までに、朝青龍のマネジャーから任意で事情を聴いた。
 捜査関係者によると、朝青龍は1月16日未明、東京都港区の飲食店で酒に酔い、知人で同店関係者の30代男性を暴行して、顔にけがを負わせたという。
 男性は麻布署に相談したが、これまでに被害届は出されていない。日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は同月30日、示談が成立したことを明らかにした。 

【関連ニュース】
〔特集〕横綱朝青龍
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕大相撲 横綱朝青龍
朝青龍の暴行確認できず=高砂親方、理事会に報告へ
朝青龍の聴取検討=経緯確認のため双方から

和辻哲郎文化賞に今橋、互両氏(産経新聞)
タクシー会社が「花粉症通院休暇」導入へ(医療介護CBニュース)
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判−静岡地裁(時事通信)
<鳩山首相>小沢氏事件捜査「冷静に見守る」(毎日新聞)
郵便不正第4回公判 倉沢被告への質問詳報(産経新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-06 19:57
 ■患者の選択の幅広がる

 タミフル、リレンザに続く第3のインフルエンザ治療薬「ラピアクタ」(塩野義製薬)が先月承認され、医療機関での使用が始まった。ラピアクタは初の国産の抗インフルエンザウイルス薬。第一三共も先月、別の薬の承認申請を行っており、新型インフルエンザの流行が治まりつつある中、治療薬をめぐる闘いはこれからが本番となりそうだ。(平沢裕子)

 ◆従来薬は5日間

 インフルエンザに効く抗ウイルス薬が日本で初めて承認されたのは平成10年。現在、主に使われているタミフルとリレンザはウイルス表面にあるタンパク質を阻害し、細胞内部で作られたウイルスが細胞の外に出ることを抑える作用ある。つまり、体内でウイルスが増殖するのを抑え、全身にウイルスが広がるのを防ぐ効果があるとされる。どちらもA型・B型両方のウイルスに効果があるが、タミフルは飲み薬、リレンザは吸入剤で、1日2回、5日間の使用が原則だ。

 十分な治療効果を上げるためにはどちらも5日間きちんと使い続けることが必要だが、「健康日本21推進フォーラム」のインフルエンザに関する調査では、処方されたタミフルの2割に飲み残しがあった。飲み残した理由は「症状が改善されたから」が最も多く、「副作用が心配」「5日間飲み続けることを知らなかった」「他の人に薬をあげようと思った」などもあった。

 長崎大学大学院感染免疫学講座教授で、同大学病院の河野(こうの)茂院長は「日本人は薬好きのわりに服薬コンプライアンス(薬を指示に従って服用すること)が悪い。抗菌薬や抗ウイルス薬は適正に使用しないと感染を周囲に広げることになるだけに、服薬指導や情報提供の充実が望まれる。ただ、患者さんの意思に任されている面もあり、100%にするのは難しい」と打ち明ける。

 ◆1回で治療完結

 ラピアクタはウイルス増殖を抑えるという作用は従来薬と同じだが、1回15分の点滴で治療が完結するため、薬の飲み残しなどの問題がない。第一三共が先月末に承認申請した「CS−8958」も1回投与の薬で、こちらは吸入剤だ。第一三共コーポレートコミュニケーション部は「医師・患者さんの利便性を考えれば投与回数は少ない方がよい」と話す。

 ラピアクタの日本国内の治験責任医師を務めた河野院長は「医師にとって点滴薬は目の前で確実に治療できるという安心感がある。患者さんにとっても15分の点滴だけで従来の薬と同等の効果があるのは大きなメリット」と期待を寄せる。

 新しい薬の登場はまた、従来薬の効かない耐性ウイルスに対抗できるということからも朗報だ。タミフルを使った子供の約2割に耐性ウイルスが見つかったという報告もあり、早期に診断されても薬が使えないケースが出ることが心配されていただけに、いざというときに使える薬がある意味は大きい。

 河野院長は「治療の選択肢が増えるのは患者さんにとってよいこと。日本は薬を使いすぎるという批判もあるが、新型インフルエンザの死亡率が欧米に比べ格段に低いのは、日本で早期診断・治療が行われているためなのは明らか。新型の流行は下火になりつつあるが、症状を自覚したら早めに医療機関を受診してほしい」と呼びかけている。

                   ◇

 ■8人に1人がインフル受診

 厚生労働省の新型インフルエンザ対策推進本部によると、昨年12月中旬までに国民の8人に1人がインフルエンザで医療機関を受診したとされる。このうち入院した患者の65%が基礎疾患がなかった。WHO(世界保健機関)によると、世界の新型インフルでの死者数は1月中旬までに約1万5千人を数える。日本の死者数は186人(2日現在)。

同乗者を任意聴取=名古屋ひき逃げ−愛知県警(時事通信)
小沢氏に「けじめ」要求 前原国交相と枝野氏も(産経新聞)
<ひったくり>愛知で連続7件 バイク使用し被害額14万円(毎日新聞)
5人死傷事故で19歳逮捕=無免許でスピード出し過ぎ−千葉県警(時事通信)
小沢氏立件なら幹事長辞任 党内からも「批判」相次ぐ(J-CASTニュース)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-06 00:45
 4日午前7時45分ごろ、さいたま市桜区下大久保の鴨川左岸で乗用車が転落しているとの110番通報があった。埼玉県警浦和西署員が駆け付け調べたところ、車内には50〜70歳とみられる男女2人が乗っており、死亡が確認された。

 浦和西署の調べでは、現場は水深約1・5メートル。車のボンネットやフロントガラスなどの前部が水没していた。現場付近の未舗装の側道と土手には3日夜以降に降り積もった雪が残っており、車が滑って転落したような跡があった。同署では、男女が車を運転中にハンドル操作を誤って川に転落した可能性もあるとみて調べている。

 同署によると、男性は運転席、女性は助手席に乗っていた。同署では身元の確認を急ぐとともに、死因などを調べている。

【関連記事】
「嵐」松本潤さんが追突事故 雪でスリップか 東京・目黒
事故処理パトカーもツルッ…路面凍結で5台玉突き 岐阜・飛騨
路面に油、スリップ7件 宮崎の国道220号
「車の見栄えよくして気を引きたい」“ドリフト族”6人を逮捕
「スリップストリーム」で高速道路不正通行の男を逮捕

すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収−木嶋容疑者・埼玉不審死(時事通信)
無料化社会実験後もETCは必要馬淵国交副大臣(レスポンス)
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に上田美由紀容疑者を尾行(産経新聞)
「未公開株」被害者の名簿流出か…新手詐欺(読売新聞)
常連客らと次々交際、うそ重ね金無心…上田容疑者(読売新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-05 02:41
 東シナ海のガス田開発問題をめぐり、自民党が日中両国が共同開発で合意しているガス田「白樺(中国名・春暁)」などの現状写真の提示を求めたところ、政府が「今後の情報収集に支障をきたす」として公開を拒否していたことが27日、分かった。石破茂政調会長は記者会見で「写真は民間でも入手できる。政府は日本の国会議員と外国のどちらに顔を向けているのか」と批判した。

 石破氏によると、26日の党の内閣、外交、国防の合同部会会合で、外務省の担当者が拒否の理由を「平野博文官房長官と岡田克也外相の最終判断で提供しないと決定した」と述べた。

 一方の平野氏は、27日の記者会見で「外務省から(公開は)『慎重に』という話があり、私としても『了とします』とした」と述べ、外務省サイドの意向に同調しただけだと強調した。

【関連記事】
「白樺ガス田は中国の主権」 中国が日中外相会談での発言を公表
ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告
習近平副主席訪日 日中親善に“逆効果?”
ガス田、早期に交換公文交渉を 岡田外相が習氏に要請
小沢氏訪中 違和感残した「解放」発言

<名古屋ひき逃げ>ブラジル人の携帯 遺棄車内から(毎日新聞)
中2女子が教室に包丁、教師が説得し取り上げる(読売新聞)
長屋火災で2人死亡=住人の夫婦か−北海道(時事通信)
17歳里見、連勝で女流名人に王手(読売新聞)
<薬害C型肝炎>新潟の50代女性 給付金の対象に(毎日新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-02-04 03:57