タクシー運転手って、実は意外と稼げるんです。


by nqm3u0ycmn

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 平成20年打ち上げの米スペースシャトル「エンデバー」で、宇宙飛行士の若田光一さんと8カ月間、無重力空間を旅した山梨県北杜市武川町の日本三大桜「山高神代桜」の種が今月上旬に芽吹いた。地元の中学生が一昨年採種し、市職員時代から根の蘇生(そせい)や保護に25年間携わっている三枝基治さん(60)が宇宙帰りの種を大事に育ててきた。三枝さんは「古木の桜の子供が芽を出したのは神秘でしょう。無重力に置かれていた影響は分からないが、芽が出ていないほかの種にも期待したい」と喜んでいる。開花は早くて7、8年後という。

 「雑草じゃないよなと何度も確かめた。これまでの経験から、見ればすぐ何の芽か分かるはずが半信半疑だった」

 種2粒の芽が出たのに気づいた今月4日夕、“ベテラン”の三枝さんもさすがに興奮したようだ。芽は17日現在で背丈3、4センチ程度に育っている。

 雑菌を避け、腐らないよう、朝晩2回の水やりや日照、殺菌効果のある杉の葉でポットの土を覆うなど気を配ってきた。4月に雪が降るなど天候不順だったこの春、三枝さんは「一時はもう芽吹かないかもと気をもんだ」と話す。

 大きめのポットに8月に移し替え、根を張らして幹を大きく育てるため、来春には定植させたいという。

 市立武川中学2年の生徒が山高神代桜のある実相寺で採種したのが武川小6年だった20年6月。4100回近くも地球を周回して無事に戻った種のうち、研究機関への提供用を除く118粒を同じ生徒たちが昨年8月、フラワーポットにまき、三枝さんが預かって管理していた。

 山高神代桜は樹齢2千年といわれるエドヒガンザクラで、平成18年の計測で根元の幹周りは11・8メートル。大きさや古さから、大正11(1922)年に国の天然記念物に指定された。

【関連記事】
間もなく満開 日本最古の山高神代桜
“宇宙桜”開花待つ 無重力の旅から無事帰還
宇宙生活の“クマ”公開 羽田空港、若田さんと滞在
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
中国が優等生路線に?

病院の病床、9か月ぶりに増加−2月末概数(医療介護CBニュース)
<暴行容疑>西宮市職員を逮捕 タクシー運転手殴る 兵庫(毎日新聞)
ダイヤ鑑定、評価かさ上げ? =業界団体が調査(時事通信)
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁(産経新聞)
犬がパトカー誘導、火事知らせる ヒーロー?偶然?で熱い議論(J-CASTニュース)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-05-29 14:59
 妻子に頼まれ2人とも絞殺したとして嘱託殺人の罪に問われた愛知県知立市堀切、無職、中村豊被告(68)の判決公判が20日、名古屋地裁岡崎支部であった。丸田顕裁判官は「重い病を患っていた妻子を献身的に支えた労苦は、並大抵のものではなかったが、犯行は安易で短絡的」として懲役6年(求刑・懲役8年)を言い渡した。

 判決によると、次男(当時38歳)の入院などで家計が苦しくなり、借金返済に中村被告が苦しんでいることを知った妻(当時63歳)が、次男と中村被告に「そんなに大変ならみんなで死のうか」と言い出し、次男も同意。中村被告が今年1月19日午前8時ごろ、自宅で睡眠薬を飲んで寝ていた2人の首をビニールひもで絞めて窒息死させた。【佐野裕】

【関連ニュース】
五輪スピード:岡崎帰国「不完全燃焼」 ソチ目指し続行へ
五輪スピ−ド:岡崎、新調の靴不調「神様に突き放された」
バンクーバー五輪:スピードスケート・岡崎選手ら特別表彰−−釧路市 /北海道

三橋歌織被告「責任能力あり」=夫殺害切断、二審の再鑑定で―東京高裁(時事通信)
三原じゅん子「しんちゃまファン」告白(スポーツ報知)
「高齢者にこそiPad」―インターリンクが無料講座(医療介護CBニュース)
焼け跡から男性の遺体=殺人と断定、捜査本部設置−千葉県警(時事通信)
<地域活性化>廃校の県立高、私立一貫校に転用 埼玉・加須(毎日新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-05-21 16:22
 鳩山由紀夫首相(63)は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を巡り、鹿児島県・徳之島の3町長と官邸で会談した。首相は徳之島出身の元横綱・朝潮(故人)まで話に持ち出し、普天間の機能の一部の引き受けを要請したが、3町長は完全拒否。首相は引き続き協議するため、同島を訪問したい意向を伝えたというが「もう会わない」と絶縁状を突きつけられた。また、15日にも予定していた沖縄再訪問は当面、先送りに。“迷走首相”の終着駅は、まだまだ見えない。

 カメラのシャッター音にかき消されそうなか細い声で、鳩山首相が切り出した。「皆さんに大変な混乱、ご迷惑をかけた」。午後3時すぎに始まった直接会談。そしてついに「普天間の機能の一部を、お引き受けいただければ、大変ありがたい」と要請した。約2万6000人分の反対署名を手渡されると、こわばった表情で小さくうなずいた。

 首相の発言は、沖縄の米海兵隊ヘリコプター部隊の移設ではなく、訓練の一部移転を念頭に置いたものとみられる。しかし、3町長は完全拒否した。大久幸助天城町長は、島の自然を解説し「断固反対」。大久保明伊仙町長は「いかなる施設も造らせないという民意は絶対、変わらない」。高岡秀規徳之島町長も「町議会は全会一致で反対決議をした」と訴えた。

 会談は約1時間10分。冒頭の30分が報道陣に公開された。徳之島を含む鹿児島2区選出で、自民党の徳田毅衆院議員(38)も同席。徳田氏によると、首相は「(徳之島出身の)元横綱・朝潮に子どもの頃からあこがれていた。その徳之島に対して、このような話をしなければならないのはつらい」という旨の話をしたという。徳之島が生んだスーパースターで、“毛ガニ”の愛称で親しまれた横綱まで持ち出しての説得。そして最後には「またお会いして話したい、と言っていた」(徳田氏)。

 しかし、会談後に会見した3町長は口をそろえた。「何十回会っても平行線。会っても意味がないので、もう会わない」

 首相は4日、沖縄入りして住民の怒りの火に油を注いだばかり。徳之島の3町長からも“絶縁宣言”されて八方ふさがりだが、めげていない。首相は今後も協議するため、徳之島を訪れたい、と伝えたという。

 これに対し、徳田氏は「賛成しかねます。総理や官房長官が来ると混乱する。(自民党議員としての)党利党略で言えば、鳩山首相は恥の上塗りになるのでいいかもしれないが、けが人が出る」と警鐘を鳴らした。

 首相は現行計画のキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)の沖合に、代替施設を造る“県内移設”しかない状況に追い込まれた。米国と地元の同意を得るとした5月末までの決着は、ほぼ無理。15日にも予定していた沖縄再訪も、移設案を固めるのが難しいと判断し、当面、先送りに。さらなる迷走ぶりが浮き彫りになった。

 【関連記事】
鳩山首相、協力要請も徳之島3町長は拒否
首相、15日にも沖縄再訪
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ
貧乏議員地元でお詫び行脚 首相、幹事長その思い忘れないで
鳩山由紀夫 普天間飛行場 宜野湾市 を調べる

検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
<たちあがれ日本>片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)
口蹄疫猛威4.5万頭を殺処分 「なぜ宮崎が」と悲鳴(J-CASTニュース)
各地で真夏日、岐阜・飛騨市では32・3度(読売新聞)
「景観失格」解消…斜陽館前の架線を地中化(読売新聞)
[PR]
by nqm3u0ycmn | 2010-05-13 11:47